B1 (長期出張)ビザ

Visa Waiver Programで認められている短期かつ単発での商用出張ではカバーしきれない、度重なる渡米や中長期の滞在が必要となる場合に取得するビザ。会議やカンファレンス、トレードショーへの参加以外に会社設立の為の視察や手続き、中長期のプロジェクトの一貫での定期的な視察など駐在、就労する前の手続きの際にも入国を容易にするため取得する場合があります。その他下記のような場合にB1が該当する場合があります。
  • 講演者・講師が、高等教育機関や政府研究機関等で講演活動を行う場合(1つの団体又は学会での活動が9日以内であり、かつ、過去6ヶ月以内に同様の5つ以上の団体・学会から同様の報酬を受領していない場合に、経費と謝礼金を受領できる。)
  • スポーツ選手で米国にて報酬を得ず、トライアウト、トレーニングや試合に参加する場合
  • 自国の協賛する文化プログラムにて米国内でパフォーマンスをする場合
  • スチールフォトグラファーが米国内で撮影する場合
  • 音楽家が米国内のスタジオでレコーディングする場合で且つコンサート等一般へのイベントがない場合
  • 医者がアメリカの先端医療技術を見学する場合
  • 日米の企業間での機械納入契約にともなう設置作業など

取得条件:
  1. 米国外に主たる住所があり米国に移民する意思のないこと
  2. 短期間また一時的であること
  3. 商用もしくはB1で認められた目的の活動をすること
  4. 米国内でのスケジュールがある程度決まっていること
  5. 米国内で報酬を受けることなく滞在できる十分な資力があること

有効期間:
  • ビザスタンプ自体は最長10年。ただし一回の滞在期限は、通常3~6ヶ月程度、最長で1年であるが入国管理官がスケジュール等入国理由を勘案し設定する。

手続きの概要:

米国外の米国大使館・領事館にて査証(ビザスタンプ)の申請をします。