B1(短期就労)ビザ

本来、アメリカで就労をするためには、通常の就労ビザが必要だが、以下の条件を満たせば、B1ビザでの渡米・就労も可能。

日本で開発されたシステムを米国客先への導入するため、開発元企業のエンジニアが短期間のチームを組んで米国で作業を行ったり、米国での大型工場建設の為に納入元企業の技術者を短期間派遣し設計作業を行うなど、就労を伴う短期間の米国滞在が目的で、かつ米国内で報酬を受け取らない場合に該当。基本的には米国で行う作業に関する特殊知識を持っていることが必要。単に一般的にプログラム作成に長けているなどの知識ではなく、商品、手続きなどそのプロジェクトに関する特有の知識を持ち、米国での作業の必要性を証明できることが条件。H1Bビザの資格を有しているが、短期間かつ頻繁な渡米のためにB1ビザにより就労ができるため、B1 in lieu of H1Bといわれる。H1Bと異なる点として事前に移民局許可が不要で、年間枠制限を受けないため、短期のサービスに最適。B1 in lieu of H1Bにて就労を行う場合、報酬は日本側で発生することが必要。

取得条件:

  1. 米国で報酬を受け取らないこと(経費の精算は可能)**米国外で報酬を受け取る場合でも、その元になるお金の出所(プロジェクトの資金など)が米国からのものであれば、米国外からの報酬に該当しないので要注意。ただし、サービスを提供される米国の会社が、米国外に独立した会社をもっている場合、その米国外の会社で給与が出ていれば、「米国外」からの資金とみなされる。
  2. 短期間また一時的であること
  3. 外国の会社に継続的に雇用されており、給与は外国で受け取ること
  4. 大卒、または、大卒と同等の職歴
  5. 専攻(または職歴)が専門的
  6. 職業が専門的
  7. 実際の業務が専門的で、短期間であること
その他の取得条件:
  1. 米国外に主たる住所があり米国に移民する意思のないこと
  2. 短期間また一時的であること
  3. 具体的なプロジェクトあり、認められた目的の活動をすること
  4. 米国内でのスケジュールがある程度決まっていること
  5. 米国で報酬を受けずに生活ができる程度の十分な資力があること
  6. 米国で行う業務について専門知識があり、かつ汎用性のある知識のみでなく該当業務の性質に直結する特殊知識であること


有効期間:

  • ビザスタンプ自体は最長10年。滞在は基本的に6ヶ月未満の短期。

手続きの概要:

米国外の米国大使館・領事館にて査証(ビザスタンプ)の申請をします。