B1ビザ(短期社内研修)

工場視察、業務の見学など短期間の米国滞在が目的で、かつ米国内で就労したり報酬を受け取らないこと。B1 in lieu of H3といわれる。
通常海外研修はH3ビザが使用されるが、H3と異なる点として事前に移民局許可が不要の為短期の研修に最適。B1 in lieu of H3にて研修を受ける場合、報酬は日本側で発生することが必要。
 

取得条件:
  1. 米国で報酬を受け取らないこと(経費の精算は可能)
  2. 短期間また一時的であること
  3. トレーニングが母国にない性質のものであること
  4. 研修生がすでにその知識を身につけていないこと
  5. 研修生が受け入れ先企業で雇用されている米国人のポジションの代替ではないこと
  6. 生産的作業や実務につかないこと
  7. 研修で培った知識が米国外の雇用にて役立つ内容であること
  8. トレーニングの概要や訪問先など大まかなスケジュールが決まっていること

有効期間:
  • 基本的に6ヶ月未満の短期。それ以上はH3J1についても検討の必要あり。

手続きの概要:

米国外の米国大使館・領事館にて査証(ビザスタンプ)の申請をします。