B2 (長期観光)I-94滞在資格 料金・必要書類

 
 ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ
 I-94滞在資格
料金・必要書類】【手続きの流れ
ご依頼を頂く前に、「手続きについて」をご覧ください。  

【料金】
弁護士料

急ぎでの申請をご希望の場合は追加弁護士料がかかりますので、事前にご相談下さい。
  • 1000ドルから1500ドル (申請の状況、複雑さにより異なる) 
  • 750ドル(帰国準備や解雇された際などの2、3か月程度の申請の場合)
  • 追加弁護士料(追加資料請求がある場合): 750ドル
〔追加弁護士料について〕
申請書提出後、移民局から追加資料の請求(RFE)が送られてくる場合があります。簡単なものであれば、無料で対応致しますが、場合によっては750ドルの追加弁護士料がかかります。当方ではなるべくRFEが送られてこないように対応をしておりますが、移民局の審査官の裁量によって全く同じケースでもRFEが送られてくる場合と送られてこない場合があり、RFEを完全に防ぐことは出来ませんのでご了承下さい。
申請料 
  • 移民局への申請料: 290ドル
諸費用
  • FedEx、コピー代など:実費
  • 翻訳代(例:戸籍謄本、企業関連の資料):内容や量によって異なりますので、お問い合わせ下さい。
 
【必要書類】
* 資料は全てコピーでご用意ください。以前にご依頼を頂いた場合で、既にご提供頂いています書類につきましては、再度ご提供頂く必要はございません。

料金・契約書
  • 弁護士料: 小切手、クレジットカード、電子送金にてお支払い頂けます。 >>お支払いの詳細はこちら
  • 申請料: ゛U.S. Department of Homeland Security"宛ての小切手をご用意下さい。複数の申請料がある場合は、全て別々の小切手をご用意下さい。
  • 契約書:  契約書(英文)は、コンサルティング後にメールにてお送り致します。  
  • 申請者に関する資料 
  • ワークシート >>こちらからダウンロードして下さい(注意:こちらをダウンロードする前に、I-94の申請か、または、ビザスタンプの申請か再度ご確認ください。ビザスタンプの申請の場合は、別のワークシートが必要です。ビザスタンプの場合は、こちらになります)
  • パスポート(写真ページ、最後のページ)
  • ビザスタンプ
  • I-94(両面)出入国記録カード(アメリカに滞在されている方)
  • 戸籍謄本(扶養家族が就労者と同時に滞在資格の変更・延長をする場合)
  • 短期訪問後、自国に帰ることの証拠となる書類 (例:雇用主からの雇用証明レター、アパートの賃貸契約書、航空会社発行の旅程表など)
  • 短期訪問・滞在が必要であることの証拠となる書類 (例:病院から発行された治療に関するレターなど)