米国市民権 概要

取得条件:

    (5年以上永住権を保持されている方)
  1. 18歳以上であること
  2. 米国永住権保持者であること
  3. 永住権を取得してから5年以上が経過していること 
  4. 申請直前の過去5年間のうち、合計して30ヶ月以上実際に米国に居住をしていること               
  5. 申請直前の過去5年間と申請後から市民権取得時(宣誓式終了時)までの期間、継続して6ヶ月以上米国を離れていないこと
  6. 申請直前の3ヶ月間、申請先の州、又は地区に住所があること
  7. 市民権申請から取得までの間、米国内に住所があること
  8. 善良な居住者であること 
  9. 基本的な英語の読み書き、会話、理解の能力があること  
  10. 米国の歴史と政府につき正しい知識を持っていること 
  11. 米国の永住権を申請してからTax ReturnをResident(米国居住者)としてファイルしていること
  12. 男性申請者で、18歳から26歳の間に米国永住権(又はLawful Nonimmigrant以外のなんらかのステータス)を保持されていた、又は現在18歳~26歳で保持されている方は、18歳から26歳までの間に米国の義務兵役に登録をしていた、又は今現在登録をしていること
   
     (3年以上、5年未満永住権を保持されている方)
  1. 米国永住権保持者であること
  2. 永住権を取得してから3年以上が経過していること
  3. 今現在及び申請直前の過去3年間、同一の米国市民配偶者と婚姻関係にあり、居住を共にしていること
  4. 申請直前の過去3年のうち、合計して18ヶ月以上実際に米国に居住をしていること
  5. 申請直前の過去5年間と申請後から市民権取得時(宣誓式終了時)までの期間、継続して6ヶ月以上米国を離れていないこと
  6. 申請直前の3ヶ月間、申請先の州、又は地区に住所があること
  7. 市民権申請から取得までの間、米国内に住所があること
  8. 善良な居住者であること 
  9. 基本的な英語の読み書き、会話、理解の能力があること  
  10. 米国の歴史と政府につき正しい知識を持っていること 
  11. 米国の永住権を申請してからTax ReturnをResident(米国居住者)としてファイルしていること
  12. 男性申請者で、18歳から26歳の間に米国永住権(又はLawful Nonimmigrant以外のなんらかのステータス)を保持されていた、又は現在18歳~26歳で保持されている方は、18歳から26歳までの間に米国の義務兵役に登録をしていた、又は今現在登録をしていること

    *英語の能力、米国の歴史と政府についての知識に関しましては、テストがあります。
    *過去に犯罪歴・逮捕歴がある方は、ご依頼前に必ず当事務所にご相談下さい。
   
    *申請は、永住権を取得してから、5年もしくは3年の期間が満了する日の90日前から可能です。
       ご希望の方は事前にご相談下さい。


手続きの概要:

必要書類を移民局へ提出し、指紋採取に出向いて頂きます。その後、テスト・面接の案内が送られてきますので、テスト・面接に出席をして頂き、問題がなければ宣誓式の予約通知が郵送されてきます。後日、移民局指定の会場にて宣誓式を行い、市民権取得となります。    

タイムライン: 画像をクリックすると拡大されます。



市民権申請のための料金・必要書類につきましてはこちらを、申請の流れにつきましてはこちらをご覧下さい。