移民ペティション・アジャストメント 料金・必要書類

 
 
*ご依頼を頂く前に、「手続きについて」をご覧ください。
 
【料金】 
弁護士料 

急ぎでの申請をご希望の場合は追加弁護士料がかかりますので、事前にご相談下さい。
  • 2500ドル (契約時2000ドル、許可後500ドル)
  • 追加弁護士料(追加資料請求がある場合): 750ドル
  • 申請書類提出後、EAD/AP(一時就労許可・一時渡航許可)の更新が必要になった場合:EAD更新175ドル+AP 更新175ドル
〔追加弁護士料について〕
申請書提出後、移民局から追加資料の請求(RFE)が送られてくる場合があります。簡単なものであれば、無料で対応致しますが、場合によっては750ドルの追加弁護士料がかかります。当方ではなるべくRFEが送られてこないように対応をしておりますが、移民局の審査官の裁量によって全く同じケースでもRFEが送られてくる場合と送られてこない場合があり、RFEを完全に防ぐことは出来ませんのでご了承下さい。
申請料 
  • 535ドル (I-130申請) 
  • 1225ドル (アジャストメント申請:申請者一名につき。ただし、14歳未満の子供は750ドル)
  • FedEx、コピー代など:実費
  • 戸籍謄本/抄本翻訳代:必要に応じてお見積もりを取得します。 (ご自身で翻訳をご用意頂く場合は頂戴しません)
  • 健康診断料:病院によって異なります。 
 
【必要書類】
料金・契約書・ワークシート
  • 弁護士料: 小切手、クレジットカード、電子送金にてお支払い頂けます。 >>お支払いの詳細はこちら
  • 申請料: ゛U.S. Department of Homeland Security"宛ての小切手をご用意下さい。小切手は全て別々にご用意下さい。
  • 契約書: 契約書(英文)は、コンサルティング後にメールにてお送り致します。
  • ワークシート  >>こちらからダウンロードして下さい
* 以下〔☆〕マークのついた書類は原本が必要ですが、その他の書類は全てコピーでご用意ください。書類の原本は後で必要になる場合がございますので、大切に保管して下さい。以前にご依頼を頂いた場合で、既にご提供頂いています書類につきましては、再度ご提供頂く必要はございません。

米国市民(スポンサー)にご用意頂く書類

  • 証明写真(2枚) >>詳細はこちら
  • パスポート(写真ページ)
  • 出生証明書(Birth Certificate)
  • Certificate of Naturalization(帰化された方のみ
  • Federal Individual Tax Return:一番最近の過去3年分
  • W-2/1099:一番最近の過去3年分
  • 給与明細:一番最近の過去3か月分
  • Federal Corporate Tax Return:一番最近の過去3年分 (自営業の方のみ)
  • Joint Sponsorが必要な方
    • Joint Sponsorのステータスを証明するもの(パスポート、Certificate of Naturalization、グリーンカード
    • Joint SponsorIndividual Tax Return過去3年分
    • Joint SponsorW-2/1099過去3年分
    • Joint Sponsorの給与明細過去3か月分
    • Joint Sponsorのワークシート >>こちらからダウンロードして下さい
永住権申請者にご用意頂く書類
  • 証明写真(8枚) >>詳細はこちら
  • 健康診断書 >>詳細はこちら
  • パスポート(写真ページ)
  • ビザスタンプ: ビザを取得された方
  • I-94(両面)出入国記録カード: アメリカに滞在されている方
  • 最新のI-20:現在学生ビザをお持ちの方/学生ビザで入国された方
  • 最新のEADカード: OPTなどでEADカード(就労許可証)を申請したことがある方
  • I-797許可書: 就労ビザをお持ちの方
  • 戸籍謄本(原本のコピーと翻訳、翻訳証明が必要ですが、申請者本人には翻訳して頂けません。当事務所を通して翻訳を手配することも可能です。お見積もりを取得しますので、必要な方はお知らせ下さい。)
  • 結婚証明書(Marriage Certificate)
  • 婚姻関係の証明書類 >>こちらのリストから当てはまるものをご用意下さい
* 以下は、該当する方のみご用意下さい。書類は全てコピーでご用意ください。また、移民局での面接の際にはCertified Copyが必要となりますので事前にご用意下さい。
離婚、死別、逮捕歴のある方
  • 離婚証明書
  • 前妻、前夫の死亡証明書
  • 裁判・拘置記録
 
必要書類は、当事務所までご送付ください。ご依頼後の手続きの流れについては、こちらをご覧ください。