移民ぺティション(K3あり) 申請手続きの流れ


 概要
 STEP1: ペティション
料金・必要書類手続きの流れ
 STEP2: ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ
STEP3: アジャストメント
料金・必要書類】【手続きの流れ】 
1. 書類作成&提出

  1. ご提供頂いた資料をもとに、移民ビザペティション、K3ビザペティション両方の申請書のドラフトを作成致します。
  2. 必要書類の揃い状況にもよりますが、2、3週間程でドラフトが完成します。
  3. ドラフトの内容をご確認頂き、内容に問題がなければ、こちらで最終版を作成致します。
  4. 最終版にサインをして頂き、その他の必要書類が揃い次第、まず移民ビザペティションを移民局へ提出致します。
2. 受理書発行(移民ビザペティション)

移民局が申請書類を受理した時点で、受理書(Receipt Notice)を発行し、1、2週間で当事務所に送付されます。受理書には、受理日、受理番号、氏名などの情報が記載されています。受理番号入手後、移民局のウェブサイトにて申請状況の確認が可能になります。また、自分のメールアドレスを登録しておけば、進展があった際にメールにて通知が届きます。

3. K3ビザペティションの提出

移民局から当事務所へ移民ビザペティションの受理書が届いた時点で、K3ビザのペティションを移民局に提出致します。

4. 受理書発行 (K3ビザペティション)

移民ビザペティション提出の際と同様に、K3ビザペティションを移民局が受理した時点で、受理書が発行されます。

5. 追加資料の請求(該当者のみ)

移民局の審査が完了した時点で、問題がなければ許可書が発行をされますが、追加で情報・証拠を請求される場合があります。その場合、移民局から書面にて通知があり、指定の期限までに提出をする必要があります。

6. 結果・許可書発行

移民局の審査が完了しますと、結果の通知(許可、または却下)が送付されます。   
問題なく許可された場合、許可書(I-797)が発行され、当事務所宛に送付されます。

移民ビザペティションの許可がK3ビザペティションの許可より早く、又は両方の許可が同時におりた方>
National Visa Centerにて書類審査を受け、在日大使館/領事館で移民ビザを申請し、移民ビザを使用して米国へ入国する必要
があります。
K3ビザを取得し入国、その後アジャストメント申請をするという選択は自動的になくなります。
National Visa Centerでの書類審査のための料金・必要書類につきましてはこちらを、手続きの流れにつきましてはこちらをご覧下さい。

K3ビザペティションの許可が移民ビザペティションの許可より早くおりた方>
米国大使館/領事館でK3ビザ申請を行い、入国後アジャストメント申請を行います。(移民ビザペティションの許可がおりるのを待ってNational Visa Centerにて書類審査を受け、大使館/領事館で移民ビザを申請し、移民ビザを使用して米国へ入国することも可能です。)K3ビザスタンプ申請の料金・必要書類につきましてはこちらを、手続きの流れにつきましてはこちらをご覧下さい。

注意:移民局より発行されるK3ビザペティションの許可書の有効期限は通常許可日から4ヶ月です。許可書の期限が切れる前に外国人配偶者は指定の大使館、又は領事館にてK3ビザスタンプの申請を行う必要がございますので、ご注意下さい。4ヶ月以内にビザ申請ができない場合は、延長の手続きが必要となります。延長の手続きは許可書の有効期限が切れる前に行う必要がございますので、必要な場合はできるだけお早めにご連絡下さい。

 関連リンク



Comments