米国市民の親・子


米国市民の親族に対して発行される永住権には年間枠があるため、間柄により、優先順位が発生することがあります。その場合は、それぞれの申請にPriority Dateが与えられ、永住権を申請してから取得するまでに何年もの待ち時間が発生する可能性がありますので、以下を良くお読みの上、申請手続きを進めてください。
 
【優先順位が発生しないカテゴリー】

米国市民の親、及び21歳未満、未婚の子供

この間柄の申請者は待ち時間が発生しませんので、Priority Dateを待たずに申請手続きを進めることができます。
申請の概要をご覧下さい。 
【優先順位が発生するカテゴリー】
米国市民の21歳以上、未婚の子
第一優先順位に該当します。年間最高23,400+第四優先順位で余った数の永住権が発行されます。
現在の待ち時間についてはPriority Dateをお読みの上、国務省のウェブサイトをご覧下さい。
申請の概要をご覧下さい。  
米国市民の既婚の子
第三優先順位に該当します。年間最高23,400+第一&第二優先順位で余った数の永住権が発行されます。
現在の待ち時間についてはPriority Dateをお読みの上、国務省のウェブサイトをご覧下さい。
申請の概要をご覧下さい。