米国市民の子(優先順位あり)ー概要


取得条件:
  1. 米国市民の実子である、又は法律的に親子関係であること。   
  2. 経済的サポートが可能であること。(スポンサー1人では条件に満たない場合、申請者本人、或いはJoint Sponsorの収入を加えることができる)
  3. 現在の親子関係が養子縁組によって成立したものである場合、その養子縁組が子供が16歳未満の時に行われたものであり、且つ、養子縁組の前後に2年以上親子共に居住していること。
  4. 再婚により成立した親子関係である場合、その再婚が子供が18歳未満、且つ未婚の時に行われたものであること。
*上記の条件を満たす申請者の子供(21歳未満)の永住権申請も共に行うことができます。

    有効期間:

    • 日本で申請する方には移民ビザが発行されますが、移民ビザの有効期限は健康診断の有効期限(最長6ヶ月)まで。
    • グリーンカードは10年有効のものが発行される。

    手続きの概要:
    STEP1:
     
    米国市民が移民局に移民ぺティションを提出します。料金、必要書類及び手続きの流れをご覧下さい。
     
    STEP2:
     
    ペティションが許可された後も、次のステップに進むには、自分の順番が来るまで待つ必要があります。(詳しくはPriority Dateをご覧下さい。)自分の順番が来たら、申請者の居場所により、以下の2通りの申請方法に分かれます。それぞれの申請が許可されれば、永住権を取得したことになります。
     
    <注意>以下の情報は全て、現時点で既にPriority Dateの順番が来ている方のためのものです。その他の方には当てはまらない情報ですので、参考までにご覧下さい。待ち時間の間に情報が変化することがありますので、自分の順番が来た時に再度お問い合わせ下さい。
    日本で申請する場合:
     
    Priority Dateの順番が来たら、National Visa CenterNVC)にて書類審査を受けます。NVCの書類審査を通った後に、外国人申請者は大使館で移民ビザの面接を受けます。移民ビザが無事に発行された後、外国人申請者は有効なビザを使用して渡米し、その後数週間で米国内の指定の住所にグリーンカードが郵送されます。
     
    料金・必要書類」及び「手続きの流れ」をご覧下さい。
     
    米国内でアジャストメント申請をする場合:
     
    Priority Dateの順番が来たら、移民局にアジャストメントの申請を提出し、書類審査に通れば永住権が取得できます。
     
    <注意>申請者は順番が来るまで米国で合法的なステータスを保つことが必要です。
     
    料金・必要書類」及び「手続きの流れ」をご覧下さい。
     関連リンク