第一ステップ PERMの手続きの流れ


 概要
 第一ステップ
料金・必要書類】【手続きの流れ
 第二ステップ
料金・必要書類】【手続きの流れ
第三ステップ
料金・必要書類】【手続きの流れ】 
  1. 当事務所との契約、必要資料の受け取り
  2. 職務、職務資格の設定、雇用主の給与支払い能力の査定、総合的なプランニング
  3. 労働省への平均給料調査の依頼
  4. 労働局のサイトにてPERMアカウントの登録
  5. 求人開始
  6. 応募者への対応
  7. 60日間の求人期間完了後、資格を満たした米国労働者が見つからなかった場合は、PERM申請書の作成、オンラインによる提出。申請料は無料。参考資料等は一切提出しない。平均1年程度で許可が下りるか、もしくは、許可が下りず監査の対象になる。
  8. 監査の対象になった場合は、職務資格(外国語の能力等)と求人手続きに関する証拠資料を30日以内に提出。資料を提出しない場合、または、提出した資料がほとんど求人の義務を果たしていない場合は、その後、場合によっては最長で2年間PERMでの申請ができなくなり、全ての労働認定証の求人手続きは、労働省の審査官の管理下(Supervised Recruitment)で行われることになる可能性がある。
  9. 監査審査によって許可される場合と、再度、求人手続きを要請される場合がある。
  10. 資格のある米国労働者が見つかった場合、労働認定証の申請は却下される。