Eビザ概要(企業貿易・投資)

 
 ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ
 I-94滞在資格
   Eビザ企業登録
日米間の条約によるビザ。日米間の貿易や投資を活発にするのが目的。大企業から小規模のレストランやアパレルの貿易会社などでも申請できる。在日米国大使館・領事館にて直接申請ができるので、移民局の許可が不要。多く駐在員がこのビザを使用しているが、駐在員である必要はない。
 
取得条件(日系企業の場合):
  1. 日米間における商品やサービスの取引を行っている(E1)、または、日本からの投資によってビジネスを行っている(E2)
  2. 相当な取引額と取引回数(E1)、または、投資額(E2)がある
  3. 申請者が日本国籍を保持している場合は、雇用主の会社の国籍も日本でないといけない。会社の国籍は、最低50%以上のオーナー(株式会社の場合は、株主)の国籍によってきまるが、オーナーが日本人でも米国の永住権や市民権を保持している場合は、「アメリカ国籍」の会社になるため、Eビザの資格はない。また、会社のオーナー(株主)が、別の会社(例:日本の親会社)であれば、その別の会社の株主の国籍によって決まる(ただし、その会社が日本で上場している場合は、日本国籍の会社として認められる)
  4. 申請者のアメリカでの役職が、管理職、または、スペシャリスト
  5. 現地採用者、または、他企業からの転職者でも申請可能

有効期間:
  • ビザスタンプ(渡航許可)は通常5年間有効なものが発行される。更新可。更新回数に制限はない。
  • I-94滞在資格は、通常入国から2年間。(または、パスポートの期限が2年未満の場合、パスポートの有効期限まで)
 
手続きの概要:

〈申請方法の確認のお願い〉

ビザスタンプの申請かI-94滞在資格の取得かによって手続き・料金が異なります。新規で渡米される方は、米国大使館・領事館でビザスタンプを申請して頂きます。日本人の場合、在日米国大使館・領事館に出頭をし、面接を受ける必要があります。既にアメリカに居住している方は、出国をせず米国内でI-94滞在資格の変更・延長が可能です。但し、出入国の為には必ずビザスタンプが必要になりますので、I-94滞在資格を取得した場合でも、一度出国すると、再入国をする為にはビザスタンプの申請が必要になります。 


タイムライン: 

<ビザスタンプ申請>

<I-94滞在資格申請>