職歴を使用しての学歴同等資格の取得

大学を卒業されていない方、若しくは大学の専攻が申請のポジションと異なる方がH1Bの移民局申請をされる場合、職歴を使用して、米国の大学の学位と同等の資格を持っていることを証明する必要があります。

【料金】

弁護士料
  • 500ドル
*上記は学歴同等資格取得のための弁護士料金です。同等資格の取得後にH1B移民局申請を行う場合は、別途 H1B移民局申請分の弁護士料金がかかります。
*希望の査定が取れなかった場合、雇用主より雇用証明レターに署名が頂けなかった場合でも弁護士料金はご返金しかねますので、予めご了承下さい。

申請料金
  • 140ドル~500ドル程度:サービスにより異なります。査定機関に確認の上お知らせ致します。
  • コピー代など:実費
  • 翻訳代:内容や量によって異なりますので、お問い合わせ下さい。
【必要書類】

料金・契約書
  • 弁護士料: 小切手、クレジットカード、電子送金にてお支払い頂けます。 >>お支払いの詳細はこちら
  • 契約書: 契約書(英文)は、コンサルティング後にメールにてお送り致します。  
申請者に関する資料
  • 英文の履歴書
【申請の流れ】

頂きました履歴書を元に雇用証明レターを作成します。雇用証明レターの内容確認後、雇用主(以前の雇用主を含む)の会社の便箋に印刷頂き、署名頂きます。ご署名入りのレターを査定会社に提出し、査定が取れるかどうか審査して頂きます。

*雇用主より雇用証明レターに署名頂けなかった場合でも弁護士料金は返金しかねますので、会社の便箋に印刷頂き、ご署名頂けるか否か、ご契約前に必ずご確認下さい。


Comments