非移民ビザの扶養家族のビザスタンプ申請料金・必要書類

概要料金・必要書類手続きの流れ

【料金】 

弁護士料 

        過去に米国で不法滞在等された方、国を問わず過去に犯罪歴・逮捕歴がある方は、まずこちらをご覧下さい。
        急ぎでの申請をご希望の場合は追加弁護士料がかかりますので、事前にご相談下さい。
  • 就労者と一緒に面接へ出頭する場合: 家族1人につき350ドル
  • 就労者とは別に面接へ出頭する場合: 1人目が650ドル、2人目以降は1人につき350ドル 
申請料 
  • 申請するビザの種類により異なりますので、お問い合わせ下さい。
諸費用 
  • FedEx、コピー代など:実費 
  • 翻訳代(例:戸籍謄本):内容や量によって異なりますので、お問い合わせ下さい。 

【当事務所にお送り頂く書類】 
  • 弁護士料: 小切手、クレジットカード、電子送金にてお支払い頂けます。>>お支払いの詳細はこちら
  • 契約書: 契約書(英文)は、コンサルティング後にメールにてお送り致します。 
   以下の書類は、ビザスタンプを申請される方それぞれにご用意下さい。
以下の書類は、就労者とは別に面接に出頭される場合にご用意下さい。
  • 就労者のパスポートのコピー
  • 就労者のビザのコピー
  • 就労者のI-94のコピー (就労者が既に米国に滞在中の場合のみ)
  • 就労者のI-797許可書のコピー (該当される方のみ)  
  • 就労者のI-129S、会社サポートレター、会社ブランケット許可書・会社リストのコピー (L2ブランケットビザを申請される方のみ)
  • 就労者のDS-2019, TIPP (DS-7002)のコピー (J2ビザを申請される方のみ)
【面接前にご用意頂く書類】

以下の書類は当事務所にお送り頂く必要はありません。面接日までにご自身でご用意下さい。
  • パスポート: 現在有効なパスポートおよび過去10年間に発行された古いパスポート
  • 証明写真: 申請者一人につき1枚 >>詳細はこちら
  • クリアファイル: 申請者一人につき、一部ご用意ください。
  • 戸籍謄本の原本 (ご家族で1部)

手続きについては、「
非移民ビザの扶養家族のビザスタンプ申請手続きの流れ」をご覧下さい。

Comments