J1ビザ (業務研修)

 
 認可取得
料金・必要書類】【手続きの流れ
 ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ
米国にある企業にてOJTを含む業務研修を受けるためのビザ。報酬を得て職業訓練をつむことが可能。様々なカテゴリーがあるが企業でのトレーニーかインターンが多い。
 
取得条件:
 
(トレーニー)
  • 米国外の大学、短大を卒業しFull-Timeで1年以上(Part-Timeの場合は2年)の該当分野での職歴があること、もしくは
  • 米国外でFull-Timeで5年以上の職歴がありその職歴に即したトレーニングを受けること
(インターン)
  • 米国外の大学もしくは大学院を卒業して12ヶ月以内であること
  • 業務研修内容が大学の専攻に沿ったものであること

(研修環境)
  • 研修地は英語での環境が必要になります。
  • 研修地の従業員数が25名以下もしくは年商$3M以下の規模の企業で過去にJ1を申請したことがない場合、認可団体のSite Visit(研修地検査)が必要な場合があります。Site Visit時に英語環境を確認されますので、日本語のみでの研修環境はJ1に該当しません。
  • 申請時にJ1ビザ申請者と認可団体の面接があるため日常会話程度の英語力が必要です。面接中に英語の会話能力が不足していると判断される場合は、申請が却下される可能性があります。
  • 受け入れ企業側の研修監督者と認可団体の電話面談もあるため、監督者も英会話能力が求められます。

(注意)
  • J1トレーニーをアメリカ人社員の交代要員として採用をすることはできません。監査が入り、J1で違法な就労をさせていることが発覚した場合は、ビザの違法スポンサーをしたという理由で、J1だけでなく他のビザへの影響がでる可能性もありますのでご注意ください。
  • 2014年2月より、米国国務省による研修地への抜き打ちのSite Visit(研修地検査)が開始となりました。対象企業はランダムに選ばれます。

有効期間:
  • トレーニー:最長18ヶ月 ただしHospitalityTourismに関するトレーニングの場合は最長12ヶ月まで。
例外:ホテルマネジメントなどHospitalityであってもマネジメントのトレーニングである場合は18ヶ月まで認められる場合がある
  • インターン:最長12ヶ月

手続きの概要:
J1ビザを取得するにはまずJ1ビザ認可団体にプログラムの認定申請をします。認可が出ると認可団体よりDS-2019が発行されます。上記書類が発行されれば大使館、領事館にてビザスタンプ取得の申請をします。ビザ発給後、DS-2019に定められたトレーニング開始期間以前に米国に入国して頂き、入国後ただちに認可団体にトレーニングの開始を報告し、晴れてJ1ビザのプログラムに従事することができます。
 
認可団体への申請については「J1認可取得料金・必要書類」をご覧下さい。
ビザスタンプの申請については「J1ビザスタンプ料金・必要書類」をご覧下さい。
 
タイムライン: