J1ビザスタンプ申請手続きの流れ

 
 認可取得
料金・必要書類】【手続きの流れ
 ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ

【ご注意】 以下は日本にある大使館・領事館で面接を受ける場合の流れです。日本以外の国にある大使館・領事館で面接を受ける場合は、国によって手続きや必要書類が異なります。

1. ワークシートの記入

ワークシートをご記入頂きます。ワークシートはEメールにてお送り致します。

2. 書類作成 

必要書類をお送り頂いてから、1ヶ月~1ヶ月半でドラフトを作成致します。 

3. 内容確認 

メールにて申請書類のドラフトをお送り致しますので、内容をご確認頂きます。 

4. 面接予約

面接予約をお取り致します。指紋採取日・面接日が確定しましたら、日時をお知らせ致します。

5. 書類の送付

申請書類をFedExにてお送り致します。お受け取りになりましたら、同封されていますビザチェックリストをご確認の上、面接当日の持参書類をご確認ください。

6. 書類の準備

ATM領収書、証明写真、返信用封筒、クリアファイルなどご自身でご用意頂く書類を準備して頂きます。詳細は、「面接前にご用意頂く書類」をご覧ください。

7. 面接前のアドバイス 

弁護士より面接に関するアドバイスを致します。  

8. 指紋採取・面接

在日米国大使館・領事館で面接をお受け頂きます。

9. ビザ発給

面接で問題がなければ、ビザが発給されます。ビザは面接当日には発給されません。パスポートやその他の書類は後日指定の宛先に郵送されます。

10. 入国の連絡

DS-2019に記載のプログラム開始日前30日以内にJ1ビザ米国入国後 、研修監督者立会いのもと申請者本人より認可団体にトレーニング開始の連絡をすることでJ1ステータスを有効化します。連絡がなければ不法滞在となってしまう恐れもありますので重要です。

 

関連注意事項

 

·  過去に犯罪歴がある場合の手続き

 

Comments