結婚による条件付永住権の条件解除・料金、必要書類

【料金】 

弁護士料 

急ぎでの申請をご希望の場合は追加弁護士料がかかりますので、事前にご相談下さい。

  • 配偶者と共に申請する場合(Joint Filing): 900ドル
  • 単身で申請する場合(Waiver of Joint Filing): 1500~3000ドル (Waiverを申請する理由などによって弁護士料が変動致します。弁護士とのコンサルテーション後、ご契約時に正式な料金をご案内致します。)
  • 追加弁護士料(追加資料請求がある場合): 750ドル
  • 〔追加弁護士料について〕
    申請書提出後、移民局から追加資料の請求(RFE)が送られてくる場合があります。簡単なものであれば、無料で対応致しますが、場合によっては750ドルの追加弁護士料がかかります。当方ではなるべくRFEが送られてこないように対応をしておりますが、移民局の審査官の裁量によって全く同じケースでもRFEが送られてくる場合と送られてこない場合があり、RFEを完全に防ぐことは出来ませんのでご了承下さい。

    申請料

  • 移民局への申請料:680ドル
  • 諸費用

  • FedEx、コピー代など:実費   
  •  
    【必要書類】
    料金・契約書・ワークシート
  • 弁護士料: 小切手、クレジットカード、電子送金にてお支払い頂けます。 >>お支払いの詳細はこちら
  • 申請料: ゛U.S. Department of Homeland Security"宛ての小切手をご用意下さい。
  • 契約書: 契約書(英文)は、コンサルティング後にメールにてお送り致します。
  • ワークシート >>こちらからダウンロードして下さい


  • 条件付永住権保持者の資料

    *下記書類は全てコピーでご用意ください。書類の原本は後で必要になる場合がございますので、大切に保管して下さい。以前にご依頼を頂いた場合で、既にご提供頂いています書類につきましては、再度ご提供頂く必要はありません。
  • グリーンカード (両面)
  • パスポートのカラーコピー(写真のページ)
  • 婚姻関係の証明書類(婚姻関係が継続している場合) >>こちらのリストから当てはまるものをご用意下さい。
  • 離婚、死別等の事情で夫婦連名での申請でない場合は、上記に加えその他の書類が必要となります。(ケースバイケースで異なりますので、後日等事務所よりご案内を致します。)

  • 必要書類は、当事務所までご送付ください。ご依頼後の手続きの流れについてはこちらをご覧ください。

     関連リンク