L1ブランケット概要(関連企業間転勤)

 
 ペティション
料金・必要書類】【手続きの流れ
 ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ
通常、L1ビザを申請する場合はまず米国内の移民局ぺティションを申請し、許可が下りた後に日本(または米国外)の米国大使館・領事館ビザスタンプの申請をするが、ブランケットを利用すると、移民局でのぺティション申請が不要になり、直接、大使館・領事館でビザスタンプの申請ができる。グループ企業(50%以上の持ち株関連)であれば、ブランケットに含めることができ、ブランケットに含まれたグループ企業内での転勤には個別の許可が不要(ブランケットでない場合は、関連企業間転勤でも個別の許可が必要)。
 
取得条件:
  1. ブランケットを申請する米法人が、米国内、若しくは別の国に最低3つ以上の関連会社(親会社、子会社、兄弟会社、支店)をもっている
  2. ブランケットを申請する米法人は最低1年間の業務を行っている
  3. アメリカにおけるグループ合計年商25ミリオン以上、1000人以上の社員、または、過去1年間で10名以上のL1申請が認められた企業

有効期間:
  • 管理職:合計7年(新規3年+2年間の更新が2度認められる)
  • スペシャリスト:合計5年(新規3年+2年間の更新が1度認められる)

手続きの概要:

ブランケットビザを申請する場合、企業はあらかじめ移民局へブランケットペティションを申請し、移民局の許可を得る必要があります。最初は3年間有効のブランケット許可書が発行されますが、その後更新をすれば永久許可が発行され、会社が存続する間は永久的にその許可を保持することが可能です。後日、新しい関連会社などを設立した場合は、修正申請をすれば、その会社をブランケットに含めることも可能です。駐在員は移民局のペティションが不要ですので、直接米国大使館・領事館にて査証(ビザスタンプ)の申請が可能になります。ビザスタンプ取得後、L1就労者として渡米することができます。

タイムライン:

<ペティション申請>

<ビザスタンプ申請>