P3ビザ概要(伝統芸能)

 
 ペティション
料金・必要書類】【手続きの流れ
 ビザスタンプ
料金・必要書類】【手続きの流れ
個人もしくはグループの一員として伝統芸能の興行を行ったり、教えたりする際に使用されるビザ。報酬を貰って活動に従事することが可能。
 
取得条件 :

文化、地域、民族、国にユニークな芸術、音楽などを紹介するために米国にて活動をすること。また申請者本人が該当分野において精通しており一般に紹介、教えることが出来るレベルであること。事前に詳細スケジュールが決まっており、雇用主が存在すること。公演等の公のものに加え、教室、学校等で生徒に対して教えることも含まれる。


有効期間:
  • 最長1年 ただし申請時に提出する米国での活動予定より長くなることはない。同プログラムを引き続き行う場合、一回につき1年単位で更新が可能

手続きの概要: 

P3ビザを取得する場合、最初にまず米国の各業界団体に対して参加プログラムもしくは活動内容がP3ビザに該当し、申請者がそれを教えることができる、または観客の前で紹介することが出来る程度の資質をそなえているという認定を申請します。団体が認定するとConsultation Letterが発行されますので、その書類以って移民局へぺティションの申請を行います。移民局の許可が下りた後、米国大使館・領事館にて査証(ビザスタンプ)の申請をし、ビザスタンプ取得後、P3ビザ保持者として米国での活動が可能になります。

タイムライン: