再入国許可証

永住権保持者が長期間(半年~1年以上)継続的、又は断続的に米国国外に滞在する際、その後の米国への再入国のために必要となる書類。

取得条件:
  1. 米国永住権保持者であること。
  2. 米国に永住する意思が継続していること。
  3. 申請時に米国内にいること。
  4. 申請から120日以内に米国内での指紋採取に出頭できること。

有効期間:
  • 2年間
  • ただし、永住者になってから、又は過去5年間のどちらか短い期間の間に合計して4年以上米国外に滞在をされた方は、通常1年間の有効期間が与えられます。
  • 条件付永住権保持者へ発行される再入国許可証の有効期限は、発行日から2年間、又は条件解除の申請をしなければならない日のどちらか早い方に設定されます。

手続きの概要:

申請書を移民局へ提出し、指紋採取の予約通知が送られてきましたら、指紋採取へ出向いて頂きます。指紋採取が終了をし特に問題がなければ、後日再入国許可証が郵送をされてきます。

(注意)
*申請者は申請時(移民局に申請書類が到着した時点)に米国内にいる必要があります。
*申請書提出後に米国を出国することは可能ですが、後日米国内で行われる指紋採取に出頭して頂く必要がありますのでご注意下さい。(米国外で指紋採取を行うことはできません。)
*指紋採取の日時を変更することは可能ですが(指定はできません)、遅くても申請から120日以内に指紋採取を行う必要があります。
*再入国許可証取得後、米国外に滞在する場合も、Tax ReturnResidentとして申告してください。詳しくはページ右上の関連リンクをご覧下さい。
 

タイムライン: 画像をクリックすると拡大します。



再入国許可証申請の料金・必要書類につきましてはこちらを、手続きの流れにつきましてはこちらをご覧下さい。