2015年4月のVisa Bulletinが発表されました。

posted Mar 16, 2015, 11:06 AM by Yukie Oyanagi   [ updated Mar 16, 2015, 11:06 AM ]
2015年4月のVisa Bulletinが発表されました。Visa Bulletinは以下のリンクより米国国務省のWebsiteをご確認下さい。

大きな動きとしては、
・中国本土生まれのEB3の枠が約10ヵ月弱後退しました。
・中国本土生まれのEB2の枠が7ヵ月、インド生まれのEB2の枠が8ヵ月前進しました。
メキシコ、フィリピン生まれ、及びAll Chargeability Areas Except Those Listed生まれ(=中国本土、インド、メキシコ、フィリピン以外で生まれた方)のEB3、Other Workersの枠が4ヵ月前進しました。(4月Visa Bulletin上のこの枠のCut-Off Dateは、2014年10月1日です。)
Comments