米国大使館Eビザ登記制度の変更

posted Dec 5, 2013, 2:46 PM by Yukie Oyanagi   [ updated Dec 5, 2013, 2:47 PM ]

従来、Eビザ会社は毎年1度、会社登記書類(財務状況や従業員数などが記載された申請書)を大使館に提出することにより、登記更新を行っておりましたが、121日より企業登記の毎年一度の更新制度が廃止されることになりました。以下、大使館の発表です。

http://japanese.japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-important.html

変更点は主に2つあります。一つは、12月1日以降、毎年の登記更新の代わりに、Eビザ申請者が毎回面接時に登記更新資料を持参すること、もう一つは、  Eビザ就労者が1人でもいる間はEビザ企業として、その登録が存続することです。Eビザ就労者がいない場合は、登記が抹消される可能性もありますが、その場合の手続きについては明らかになっておりません。新規登記については、変更はありません。

この変更に伴う手続き上の細かい点につきましては現在大使館に確認中のため、詳細が確認でき次第ニュースにてお知らせ致します。

Comments