U.S. Immigration and Customs Enforcement(ICE)発表の留学生に関してのデータ

posted May 7, 2014, 2:00 PM by Yukie Oyanagi   [ updated May 7, 2014, 2:03 PM ]
U.S. Immigration and Customs Enforcement(ICE)のNews Releaseによると、2014年4月1日付で、米国の約9000の学校にF、Mビザを使用し留学している留学生の数は約102万人とのことです。そのうちの75パーセントはアジア地域からの留学生です。また、全体の29%は中国からの留学生、11%はインドからの留学生です。

留学生数のTOP10には以下の国々が入っています。
1位:中国
2位:インド
3位:韓国
4位:サウジアラビア
5位:カナダ
6位:日本
7位:台湾
8位:ベトナム
9位:メキシコ
10位:ブラジル

全留学生のうち、35パーセントは、カリフォルニア(169,534人)、ニューヨーク(117,149人)、テキサス(71,534人)の学校に通っています。留学生のうち72%が、Bachelor's Program、Master's Program、Doctorate Programのため留学をしており、残りの28%はSecondary School、Associate Program、Language Training等のために留学をしています。

留学生全体のうち35%がSTEM Degree(Science、Technology、Engineering、Mathematics)を専攻しています。学校の中でも、STEM Degreeの留学生数が多いのは、Purdue University、University of Southern California、University of Illinoisです。インドからの留学生に関しては78%がSTEM Degreeを専攻しており、アジア地域においては、中国が37%、サウジアラビアが32%、台湾が31%、ベトナムは22%、韓国は17%、日本においては8%がSTEM Degree専攻となっています。

詳細のレポートは以下のWebsiteよりご確認頂けます。


Comments