冨田法律事務所‎ > ‎用語集‎ > ‎

過去に米国で不法滞在等された方、国を問わず過去に犯罪歴・逮捕歴がある方のビザ申請

過去に米国で、不法滞在(滞在許可期間を超えて米国に滞在場合又は入国許可を得ずに米国に入国した場合)、退去強制手続き、ビザ申請の際の虚偽申告などがある方は、入国拒否事由に該当し、一定期間、原則として新たなビザを申請することはできません。しかし、書面で説明を行い領事の推薦を頂くことで、ビザ申請を行うことが可能です。ただし、この決定は裁量によるため、必ずビザが取得できる保証はありません。また、国を問わず過去に犯罪歴、逮捕歴がある方がビザ申請を行う際も、書面での事情説明が必要になる場合があります。これら書類の作成には追加弁護士料がかかります。詳細は当事務所までお問い合わせ下さい。
Comments