冨田法律事務所‎ > ‎用語集‎ > ‎

就労許可及び一時渡航許可のコンビネーションカード

永住権のアジャストメント申請で、就労許可証(Employment Authorization Document)一時渡航許可証(Advance Parole)の2つを同時に申請する場合は、その両方の許可証をあわせたコンビネーションカードが発行されます。このコンビネーションカードは、通常の紙ベースの一時渡航許可証(AP)の代わりに、渡航許可("Serves as I-512 Advance Parole")が記載された就労許可証(EAD)カードの形状になっています。ただし、これらの許可証の一方しか申請しない場合等に、コンビネーションカードは発行されず、別々の許可証が発行されることもありますので、EADカードに「Serves as I-512 Advance Parole」の文言が記載されているか確認してください。

このカードの有効期限は、ケースによりますが、アジャストメント申請の日からおおむね1年から2年です。現在EADを所持している場合には、その有効期限が120日以内の時点で更新申請を行う必要があります。

なお、永住権申請中もEAD、APを使用せず、非移民ビザを利用し渡航、就労が可能となる場合があります。非移民ビザの使用の可否や利益・不利益はケースによって異なりますので、渡航・就労開始前に弁護士とご相談下さい。

(参考1) 2011年10月30日以前に発行されたEADカード 

(参考2) 2011年10月30日以降に発行されるEADカード

写真出典:www.uscis.gov
Comments