冨田法律事務所‎ > ‎用語集‎ > ‎

関連企業での職歴

実質の職歴が必要。例えば、アメリカにいながら、所属だけ日本(または米国外)の関連企業にしたり、給料をもらっているだけでは「職歴」にならない。また、具体的な実務を行っている必要がある。家族の会社で単に役員として名前が載っているだけでは「職歴」にならない。さらに、米国外の会社で実際に働いている場合でも、アメリカに渡米した期間は、全てその1年間から差し引かれる。例えば、アメリカに留学していた人が日本に帰国し、ある会社に就職した場合、仮に、就職後に、アメリカに何度も出張などを繰り返していれば、その分だけ、L1ビザの条件である1年間の「職歴」を満たすのが遅れる。
Comments