News

【日本政府情報】 入国後の待機期間等の変更

 January 14, 2022 (Friday)

1/14/2022に日本政府は「オミクロン株が支配的となっている国・地域」からの入国者について各種措置(自宅等での待機、健康フォローアップ、公共交通機関不使用)の期間を10日に短縮すると発表しました。


この変更により、当該地域からの新規入国者および既に入国後待機中の入国者については1/15/2022午前0時より、11日目以降の各種措置が免除されます。検疫所の確保する指定宿泊施設での待機対象者は施設退所後、10日間の残りの期間を自宅等で待機することになります。


今後も、「オミクロン株以外の変異株が支配的となっていることが確認されている国・地域」からの入国者は各種措置が従来の14日間適用されます。この指定が追加される可能性もありますので、渡航前に政府の最新情報をご確認ください。


厚生労働省: https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

外務省: https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2022C005.html