非移民ビザの扶養家族の滞在延長

非移民ビザを取得した者に同行する家族としてビザを取得した扶養家族は、滞在延長を申請することができます。なお、非移民ビザを取得した就労者本人は、雇用主が滞在延長を申請する必要があります。

取得条件:

  • 非移民ビザを取得した者に同行する家族としてビザを取得した扶養家族

  • 原則として、I-94の滞在期限が過ぎていないこと

  • 延長期間は、パスポートの有効期限内であること

有効期間:

  • 就労者のI-94滞在期限と同じ

手続きの概要:

I-94の滞在期限の6ヶ月前から申請が可能です。

【料金・必要書類】

弁護士料

急ぎでの申請をご希望の場合は追加弁護士料がかかりますので、事前にご相談下さい。

  • 就労者の滞在延長と同時に申請する場合: 850ドル

  • 就労者の滞在延長と別に申請する場合: 1,000ドル

  • その他ご家族 (配偶者やお子様) の滞在延長を同時申請する場合: 100ドル (1名につき)

〔追加弁護士料について〕

申請書提出後、移民局から追加資料の請求 (RFE) が送られてくる場合があります。簡単なものであれば無料で対応致しますが、難易度によっては750~1,500ドルの追加弁護士料がかかります。当方ではなるべくRFEが送られてこないように対応をしておりますが、移民局の審査官の裁量によって全く同じケースでもRFEが送られてくる場合と送られてこない場合があり、RFEを完全に防ぐことは出来ませんのでご了承下さい。

申請料

  • 申請料金: 370ドル (1家族につき)

  • 指紋採取料金: 85ドル (申請者それぞれ)

(10/2/2020以降の申請料)

  • 申請料金: 400ドル (1家族につき)

諸費用

  • FedEx、コピー代など: 実費

  • 翻訳代 (例: 戸籍謄本): 内容や量によって異なりますので、お問い合わせ下さい。

【当事務所にお送り頂く書類】

  • 弁護士料: 小切手、クレジットカード、電子送金にてお支払い頂けます。>>お支払いの詳細はこちら

  • 契約書: 契約書 (英文) は、コンサルティング後にメールにてお送り致します。

  • 申請料: "US Department of Homeland Security" 宛ての小切手をご用意下さい。

  • ワークシート >>こちらからダウンロードして下さい

  • パスポートのコピー (写真ページ、最後のページ)

  • ビザスタンプのコピー

  • I-94 (両面) 出入国記録カードのコピー

  • I-797のコピー (以前移民局で滞在延長やステータス変更申請をされた方のみ)

  • 戸籍謄本のコピー、英訳と翻訳証明

  • 就労者のパスポート、ビザ、I-94、I-797、I-129Sのコピー

  • 就労者の給与明細: 直近の過去3ヶ月分

【手続きの流れ】

1. 書類作成

必要書類をお送り頂いてから、3~4週間でドラフトを作成致します。

2. 内容確認

メールにて申請書類のドラフトをお送り致しますので、内容をご確認頂きます。

3. 署名、申請料小切手の発行

内容確認が終わりましたら、最終版の書類をメールにてお送り致しますので、印刷をして頂き、ご署名頂きます。また、移民局宛の小切手をご用意頂きます。

4. 署名済み書類の返送

署名済みの書類と小切手を当事務所までご返送頂きます。

5. 提出

当事務所で書類を受け取った後、内容を確認し、問題がなければ移民局に提出致します。

6. 書類受理の通知

移民局が申請書類を受理した時点で、受理書 (Receipt Notice) を発行し、1、2週間で当事務所に送付されます。受理書には、受理日、受理番号、氏名などの情報が記載されています。また、書類の提出時に希望すれば、移民局が申請書類を受理した時点で、Eメール又はテキストメッセージで、申請者あてに受理の通知が届きます。

7. 追加資料の請求

移民局の審査が完了した時点で、問題がなければ許可書が発行されますが、追加で情報・証拠を請求される場合があります。その場合、移民局から書面にて通知があり、通常30日程度で返信をする必要があります。

8. 結果

問題なく許可された場合、許可書と新しいI-94が発行され、当事務所宛てに送付されます。